髪のエキスパート・美容院

美容と言えば、肌のことや体型のことなどを考えがちですが、人がまず目にするのは顔と髪型です。
髪型は自分で整えることがほとんどですが、伸びてしまったり痛んでしまった髪の美容に関しては、美容院に行く人が多いと思います。
ちなみに本来、頭髪を整えて容姿を整えることは理美容と言い、本来の意味で言えば理容店と呼びます。
美容院とは、パーマネントウェーブ、結髪、化粧などの方法で容姿を整える方法を用いた店のことなのですが、近年ではどちらのサービスも同じ店で行えることから、呼び方をくべるする必要はなくなりました。
また、男性の場合は床屋と呼ぶことが多く、古くから床屋として経営している店もありますが、美容院を利用する男性客も年々増えてきているようです。
美容院で行われているサービスは、主にカットやパーマなどの頭髪を整えるものから、化粧、シェービングや美顔などの顔に関するサービスも受けることができます。
特に最近ではヘッドスパなど頭皮へのケアや癒しを目的としたサービスも行われており、ヘッドスパ専用のシャンプーなどサービスに応じた特殊な商品を用いる場合が増えています。
美容院で使われているシャンプーやコンディショナーを販売していることも多く、美容院という髪のスペシャリストが使用しているという信頼感と安心感を看板にしています。
また、季節ごとの特殊なキャンペーンを実施している店舗が多く、特に夏場は紫外線による頭皮ダメージのケア、冬場は乾燥による頭皮ケアなど、季節に応じた企画が目立ちます。
ちなみに、大抵の美容院の定休日は月曜日と決まっています。
これは、第二次世界大戦中から戦後にあった全国的な電力不足による休電日から続いている、いわば名残だそうです。
冬至は地域によって休電日は違ったようですが、休電日がなくなった後も過当競争を避けるために各地域ごとの理容組合への加入が定められ、現在の月曜日が定休日という流れが定着していったようです。